併催イベント

同時開催 RADIEXシンポジウム 環境放射能対策・廃棄物処理国際シンポジウム

■ 会 期

2016年10月19日(水)〜21日(金)〈3日間〉

■ 参加費

無料。(講演資料集 6,000円(税込))

■ 登録方法のご案内

シンポジウムの参加登録は、展示会の入場登録と併せて行って下さい。

■ 事前登録

事前登録ページより、展示会来場登録と併せてお申し込みください。

事務局から登録確認メール(Eメール)をお送りしますので、当日は会場入口の展示会来場登録受付にご提示ください。

■ 事前登録締切:2016年10月14日(金)17:00

■ 当日登録

事前登録が出来なかった場合は、当日登録となります。当日、招待状の来場登録欄に必要事項をご記入(名刺の貼り付け)の上、会場入口の展示会来場登録受付提出して下さい。

■ 注意事項

事前登録で満席のプログラムについては、事前登録の方からご入場頂き、当日登録の方はプログラム開始直後からのご入場となり立ち見となる場合がございますので、ご了承下さい。
事前登録の場合でも、確実に着席をお約束するものではありませんのでご了承下さい。
事前登録の登録確認メールのご提示を頂けない場合、当日登録となりますので、登録確認メールが届かない場合は必ず事前に事務局にご連絡下さい。

※プログラム・講師は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承下さい。

10月19日(水)

テーマ 「中間貯蔵について」
午前は、国の中間貯蔵に関する最新動向について基調講演を、午後には研究機関や関連団体による取り組みや課題・今後必要とする技術や対応について講演いたします。
A-1 基調講演 参加費:無料

科学技術館展示ホール 7号館 10:30〜11:30
「除染事業の総括と中間貯蔵に関する
 動向と今後の展開」
環境省 顧問 (前環境事務次官) 関 荘一郎

A-1 講演 参加費:無料

科学技術館展示ホール 7号館 13:30〜15:30
「JESCOの中間貯蔵事業における取り組みと
 今後の展開について」(仮)
中間貯蔵・環境安全事業株式会社 
代表取締役社長(元環境事務次官) 谷津 龍太郎
「中間貯蔵施設に関連した
 ワーキンググループ活動報告」
除染・廃棄物技術協議会 代表幹事 佐藤 和郎
「除去土壌等減容化・再生利用技術研究組合
 の取り組みについて」
除去土壌等減容化・再生利用技術研究組合 
専務理事 山下 正芳



10月20日(木)

テーマ 「廃止措置への取り組み」
東京電力福島第一原子力発電所の現状と廃炉に向けた取り組みについて、午前は、国の施策について、午後には東京電力からの報告と研究機関による取り組み状況や今後の展開について講演いたします。
B-1 基調講演   参加費:無料

科学技術館展示ホール 7号館 10:30〜11:00
「福島第一原発の廃炉・汚染水対策に
 対する政府の取組」
経済産業省資源エネルギー庁 大臣官房 
原子力事故災害対処審議官 平井 裕秀

B-2 講演 参加費:無料

科学技術館展示ホール 7号館 13:30〜15:45
「福島第一原子力発電所における
 廃止措置の現状と課題」(仮)
13:30〜14:15
東京電力ホールディングス株式会社 常務執行役 
福島第一廃炉推進カンパニー・プレジデント 
廃炉・汚染水対策最高責任者 増田 尚宏
「国際廃炉研究開発機構における
 研究開発状況について」
14:15〜15:00
技術研究組合 国際廃炉研究開発機構 
理事長 剱田 裕史
「日本原子力研究開発機構における
 廃止措置への取り組みについて」(仮)
15:00〜15:45
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 
廃炉国際共同研究センター 
センター長代理 木村 貴海



10月21日(金)

テーマ 「環境回復の取り組みと国際協力」
午前は、福島県における環境回復への取り組みについて、福島環境再生事務所と環境創造センターにご講演頂き、午後は廃炉措置に向けた国際協力の取り組みの現状と課題についてご講演頂きます。
C-1 講演 参加費:無料

科学技術館展示ホール 7号館 10:30〜12:00
「福島環境再生事務所の取り組みの現状と
 今後の展開について」
10:30〜11:15
環境省福島環境再生事務所長 土居 健太郎
「福島県環境創造センターの事業について」
11:15〜12:00
環境創造センター 副所長 佐藤 弘美

C-2 講演 参加費:無料

科学技術館展示ホール 7号館 13:30〜15:30
「英国原子力産業の過去・現在・未来」
13:30〜14:30
英国大使館 原子力担当一等書記官 
化学博士 キース・フランクリン
「廃炉に係るIAEAの活動と日本との協力」
14:30〜15:30
国際原子力機関(IAEA) 
核燃料サイクル廃棄物技術部
廃棄物技術課 渡邊 英一郎


※プログラム・講師は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承下さい。



出展者プレゼンテーション

10月19日(水)

時間 出展者名 プレゼンテーションタイトル
13:10〜13:30 株式会社テクノエックス 高濃度放射能分布の3次元可視化技術
13:40〜14:00 テクノヒル株式会社 放射性廃棄物の効率的な汚染検査機材の紹介
15:10〜15:30 太平洋セメント株式会社 乾式Cs除去技術の概要と仮設資材化実証調査委託業務について
15:40〜16:00 大成建設株式会社 大成建設の除染・中間貯蔵施設 復興への取組


10月20日(木)

時間 出展者名 プレゼンテーションタイトル
11:30〜11:50 キャンベラジャパン株式会社 安全な減容化・再利用を促進する放射能測定
12:00〜12:20 福島県廃炉・除染ロボット技術研究会
(ハロワールド株式会社)
ラーヴィー1号の紹介と今後の展望
15:40〜16:00 安藤ハザマ 安藤ハザマの中間貯蔵事業への取り組み


10月21日(金)

時間 出展者名 プレゼンテーションタイトル
12:00〜12:20 福島県廃炉・除染ロボット技術研究会
(ハロワールド株式会社)
ラーヴィー1号の紹介と今後の展望
15:10〜15:30 フジトク株式会社 Polaris-H ガンマカメラのご紹介
15:40〜16:00 鹿島建設株式会社 長距離水中流動充填剤「Hilo」の開発と適用

※聴講は無料。当日会場へ直接ご来場下さい。
▲このページの先頭へ戻る